ペット火葬

札幌市のペット火葬条例

札幌市のシンボルであるテレビ塔と大通公園

今回は、札幌市におけるペット火葬の条例について、少しお話をしたいと思います。

実は当社がまだ「ねこ斎場」だった頃のブログでもお話をしたことがあったのですが、事業名が「いぬねこ斎場」に変更(火葬炉追加に伴い)となってHPもブログも新しくなったということで、また改めてご説明したいと思います。

要綱と要領

札幌市では、「札幌市ペット動物等火葬施設の設置に関する指導要綱」(平成18年4月1日より施行・平成22年一部改正10月1日より施行)と、「指導要綱運用要領」(平成22年10月1日施行・平成29年1月4日一部改正)という条例があります。

札幌市でペット火葬を行う事業者は、この条例に従ってペット火葬場を適切に運営・管理をしていく必要があります。

この条例の中身は簡単にご説明しますと、「札幌市内でペットの火葬場をつくりたいなら、こんな条件の場所でつくってください」・「その火葬場内には、要綱内に書かれている必要な施設をちゃんと作るのが条件です」ということが具体的に明記・記載されてます。

その他にも火葬炉自体の性能基準についても記載されていますね。平成18年(西暦2006年)にできた条例ということで、比較的新しい部類の条例です。

条例ができた背景(理由)

札幌市でこの条例ができた背景(理由)ですが、やはりペット火葬業者さんが条例施行前は「正直、あまり性能の良くない火葬炉(焼却炉)を使用していた」ということが、大きな理由に挙げられると思います(というかこれが一番の原因)。

性能が良くない火葬炉には「三大特徴」がありまして、それをまとめると以下のようになります。

  1. 黒煙が大量発生
  2. 異臭がする
  3. 騒音(火葬炉の稼働音がうるさい)
と、このようになります。
そして条例が施行される前は、このような苦情が札幌市に多く寄せらていたんですね。
たしかにこのようなことが近所で発生したら、たまったものではないですよね(-_-;)。

「火葬場」は市街化調整区域

前項で挙げられた苦情が札幌市に多く寄せられたことにより、札幌市が条例化して施行されたわけです。

はじめは火葬場を設ける場所の指定からはじまり、その結果、土地に火葬炉を”設置して”ペット火葬を行う事業者は、すべて「市街化調整区域」のみですることと決められました。

皆さんも、ペットの火葬場ってすごく遠くにあるというイメージがあると思うのですが、それはこういった背景理由からなんですね。

大きめなペットちゃんも火葬できるような、大きな火葬炉を持っているペット霊園さんが遠くにあるのも、このためです(ちなみに当社の火葬炉は25㎏まで対応可能)。

ペットの移動火葬車は?

火葬場(土地に火葬炉を設置)を設けてペット火葬を行う場合、札幌市では「市街化調整区域」のみでの運営となりますが、移動式のペット火葬の場合は、実はこれに当てはまらないんですね。

そのかわり、移動式ペット火葬のほうがより気をつけなければならないことがあります。

移動火葬車は、より高性能を求められる

「設置式のペット火葬炉」と「移動式のペット火葬炉」の場合、大きさの違いはもちろんありますが、移動火葬車のほうが土地の制約がない分、より【安全性】と【性能】が求められます。

市街化調整区域などの遠くにある火葬場の場合は、火葬炉本体が国の環境基準さえ最低限満たしていれば、多少の騒音や煙は問題になることはありませんが(近くには何もないので)、移動式火葬車の場合はそういうわけにはいきませんよね(;^ω^)。

安全性の確保はもちろん、火葬炉の黒煙・騒音・異臭には細心の注意を払う必要があります。

ペット火葬中の移動火葬車

安心安全な火葬炉で

当社のペット火葬炉はというと、小型炉でありながらより厳格な大型炉のダイオキシン基準値をクリアしており、その実績はというと、0.011ng-TEQ/(ダイオキシン類数値基準値)という、ギリギリではなく、かなり大幅に基準値をクリアし合格しております。

「いぬねこ斎場」ではいつも「安全」・「安心」なペット火葬を心がけており、定期的な機械のメンテナンスなどをはじめ、日頃より細心の注意を払いながらペット火葬を行っております。

大切な家族の一員であるペットちゃんのお葬式は(火葬)は、安心・安全で高性能なペット火葬炉の「いぬねこ斎場」にお任せください。

花が飾られたペットの火葬炉