ペット火葬保冷

ペットちゃんの保冷について

老犬を看取って泣いている家族

ペットちゃんが亡くなった際、悲しみはもちろん、気持ちの動揺もあり、その後どのようにしたら良いのかわからなくなることがあると思います。

可哀相だからすぐに冷やしたくないと思うところではありますが、ペットちゃんの亡がらの保全のためには、なるべく早めに保冷をしてあげることをおすすめいたします。

今回は、ペットちゃんが亡くなった際の実際の保冷方法についてご説明をしたいと思います。

年老いた猫が死んで泣いている家族

ご用意していただくもの

猫ちゃんをはじめ中型に分類されるくらいまでのワンちゃんは、ご自宅の冷凍庫やキャンプなどのレジャーで用いるような「保冷剤」の使用をおすすめいたします。

もし保冷剤がなければ、水漏れのしないビニール袋などに氷を入れてご用意していただいても充分です。

保冷剤

保冷する箇所

ご用意していただいた保冷剤(又は氷袋)をペットちゃんに充てる箇所ですが、主にお腹周りを重点的に充ててあげるようにします。

人と同じく、猫ちゃんやワンちゃんの腐敗はお腹から始まります。これは胃液が自らを溶かしていくためで、そのあたりを重点的に充ててあげることにより、腐敗の進行を遅らせることができます。

ペットちゃんが寝ている敷物の下に入れたり、お腹に軽く乗せてあげるだけでも充分な保冷効果があります。

人間の場合はその他に頸椎付近にも充てたりして保冷をしますが、ペットちゃんの場合はそこまでする必要はありません。

ドライアイスは?

ドライアイスは、ご存じのとおり直接触れるとやけどしてしまうくらい強力なので、猫ちゃんや中型ほどのワンちゃんにはあまりおすすめはできません。

ドライアイスを使用するのは大型に分類されるワンちゃん以上とし、充てる際は直接充てるのではなく、タオルなどで巻くようにして充ててあげるようにします(直接充てると毛に付着して取れなくなってしまう為)。

口元などもきれいに

口元やお尻まわりも、亡くなったら自然のことなので、ご家族できれいに拭いてあげるようにしてください。

家族みんなできれいにしてあげたら、天国に旅立ったペットちゃんもきっと喜んでくれると思います。